スポンサードリンク

つなぎ融資

つなぎ融資にかかる費用

つなぎ融資を受ける場合、銀行から住宅ローンの融資が開始されるまでの借り入れ期間に金利がかかってきます。

短期の借り入れではありますが、つなぎ融資の金利は高く設定されている場合がほとんどです。

つなぎ融資の申し込みの際には、書類作成に必要な印紙代や、印鑑証明、住民票の発行手数料など、様々な経費がかかります。

このように想定外の出費や支払い手数料が発生するので、住宅購入のための資金計画には多少のゆとりを持って取り組みましょう。

借入金額にもよりますが、つなぎ融資申請にかかる印紙代は数万円もかかることがあります。

つなぎ融資

つなぎ融資(住宅ローン)


申込みをした住宅ローンの融資金が下りるまで、一時的に借りるのが住宅ローンのつなぎ融資です。

そのつなぎ融資でまず家の代金を支払い自分の名前で登記します。

その後、その家を担保として金融機関から融資を受けることができるのです。次に銀行から融資が下りたら、その資金で「つなぎ融資」の借り入れを返します。

勿論この場合、つなぎ融資として借入れしたものに利息がかかることもあります。

但し、新築を買う場合、不動産会社が買い手の代わりに金融機関からの融資資金を受け取ることを条件に、代金支払い前に登記を認める「代理受領」という方法をとってくれることもあります。

これは不動産会社により対応が違いますので代理受領ができるかどうかは、確認しておく必要があります。

住宅ローンでは審査や必要書類の確認等に一定期間を要します。

金融機関に住宅ローンを申し込み即日実行されることはありません。融資が実行されるまでには数日から数十日は必要となります。

また、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わない場合があります。

その間の資金を別の金融機関から借り入れる必要があります。その間の借入のことを住宅ローンの「つなぎ融資」といいます。

上記のように「つなぎ融資」は住宅ローンの一時的な対策方法と考える人も多いのではないでしょうか。

つなぎ融資

つなぎ融資(事業ローン)


事業資金融資で「つなぎ 融資」をする事が必要になるのが、事業資金の融資での場合になるでしょう。

緊急を要することのある事業資金の場合、国の制度である金利の安い事業ローンを申し込んでも融資が実行されるまでに数週間時から時には数ヶ月かかることもあります。

手持ちの現金が無いために事業がピンチになり最悪の場合、事業継続困難となる場合も多く見られます。

そのようなときには、事業資金の融資が行われる間のつなぎ融資が必要となります。つなぎ 融資はスピードが命です。

事業資金では取引先の破綻などで手形の買取など、住宅ローンの「つなぎ 融資」のように予め準備や予想ができない事があります。

銀行系の事業ローンが降りるまで待てないことも多いかと思います。

その場合、多少金利が高くとも、ノンバンク系のビジネスローンなどをつなぎ融資として利用する事になると思います。

経営危機を回避するためにもビジネスローンを上手に利用している方も多いでしょう。ノンバンク系は、ATMなどから直ぐに引き出せるカード系のビジネスローンや、ある一定期間の無利息キャッシングができるところもあります。

一週間程度の資金ショートならば、「つなぎ 融資」としてのノンバンクの存在もこの時代のありがたいものになると思います。

つなぎ融資

事業者向けのつなぎ融資

事業者向けのつなぎ融資的なものがあります。

間接融資で、東京都と、東京信用保証協会と民間金融機関の三者によるものです。

東京信用保証協会とは、信用保証協会法に基づく公的機関で、中小企業者が金融機関から事業資金の融資を受ける際、その信用を保証することにより借り入れを容易にし、事業の健全な発展を支援する機関となっています。

つまり東京都がお金を出すのではなく、担保する形での間接的な融資ということになります。

クイック融資という制度で、東京都や区市町の保証付制度融資を利用し、約定(元金)返済を1年以上継続している中小企業者及び組合を対象としています。

つなぎ融資

つなぎ融資で回避


不足資金調達のためにはつなぎ融資は良い方法だとは思いますが、やはり無駄な出費には変わりありません。

できるものならつなぎ融資を受けることなく乗り切りたいものです。

不動産会社や建築会社によっては、つなぎ融資が必要な場合でも、金融機関からの融資資金を受け取ることを条件に代金支払い前に登記を認める代理受領という方法があります。

不動産会社へ手付金や着手金を支払う前に購入したい物件の登記を認めてもらえるため、金融機関の住宅ローンの融資実行ができるのです。

ただし、不動産会社にもよりますので確認が必要です。

他にも、金融機関に早めに住宅ローンの融資実行をしてもらうために、引渡し日よりも数ヶ月前から申し込んだり、融資実行が行われるまで、物件の引渡し日を遅らせてもらうといった方法もあります。

つなぎ融資

【つなぎ融資(住宅ローン)】


申込みをした住宅ローンの融資金が下りるまで、一時的に借りるのが住宅ローンのつなぎ融資です。

そのつなぎ融資でまず家の代金を支払い自分の名前で登記します。

その後、その家を担保として金融機関から融資を受けることができるのです。次に銀行から融資が下りたら、その資金で「つなぎ融資」の借り入れを返します。勿論この場合、つなぎ融資として借入れしたものに利息がかかることもあります。

但し、新築を買う場合、不動産会社が買い手の代わりに金融機関からの融資資金を受け取ることを条件に、代金支払い前に登記を認める「代理受領」という方法をとってくれることもあります。

これは不動産会社により対応が違いますので代理受領ができるかどうかは、確認しておく必要があります。

住宅ローンでは審査や必要書類の確認等に一定期間を要します。

金融機関に住宅ローンを申し込み即日実行されることはありません。

融資が実行されるまでには数日から数十日は必要となります。

また、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わない場合があります。

その間の資金を別の金融機関から借り入れる必要があります。

その間の借入のことを住宅ローンの「つなぎ融資」といいます。

上記のように「つなぎ融資」は住宅ローンの一時的な対策方法と考える人も多いのではないでしょうか。

つなぎ融資

【つなぎ融資(事業ローン)】

事業資金融資で「つなぎ 融資」をする事が必要になるのが、事業資金の融資での場合になるでしょう。

緊急を要することのある事業資金の場合、国の制度である金利の安い事業ローンを申し込んでも融資が実行されるまでに数週間時から時に数ヶ月かかることもあります。

手持ちの現金が無いために事業がピンチになり最悪の場合、事業継続困難となる場合も多く見られます。

そのようなときには、事業資金の融資が行われる間のつなぎ融資が必要となります。

つなぎ 融資はスピードが命です。

事業資金では取引先の破綻などで手形の買取など、住宅ローンの「つなぎ 融資」のように予め準備や予想ができない事があります。

銀行系の事業ローンが降りるまで待てないことも多いかと思います。

その場合、多少金利が高くとも、ノンバンク系のビジネスローンなどをつなぎ融資として利用する事になると思います。

経営危機を回避するためにもビジネスローンを上手に利用している方も多いでしょう。

ノンバンク系は、ATMなどから直ぐに引き出せるカード系のビジネスローンや、ある一定期間の無利息キャッシングができるところもあるので、一週間程度の資金ショートならば、「つなぎ 融資」としてのノンバンクの存在もこの時代のありがたいものになると思います。

  1 2  次の7件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。